工事概要|工事概要|大船渡駅周辺地区 震災復興事業|岩手県大船渡市

OUTLINE 工事概要

  • 工事概要
  • 完成イメージ
  • 工事工程

工事概要

工事名称 大船渡駅周辺地区震災復興事業の工事施工に関する一体的業務
工事場所 岩手県大船渡市大船渡町
発注者 独立行政法人 都市再生機構 岩手震災復興支援本部
請負者 東急・東洋・植木・日本測地・CPC
大船渡市大船渡駅周辺地区震災復興事業 共同企業体
工期 自 平成25年10月19日
至 平成31年3月31日
工事概要

施行地区面積/36.1ha
津波拠点部/2.3ha
土地区画整理部/33.8ha
盛土工(1次造成)/22.3万m3
盛土工(2次造成)/47万m3

〈工事説明〉
盛土工/1式
防災施設工/1式
排水工/1式
道路工/1式
構造物撤去工/1式
仮設工/1式
主な工事をクリックすると、どんなことをやっているのかボクが解説するトン。

大船渡駅周辺地区における震災復興事業に係る、調査、
測量、設計、施工に関する一体的マネジメント業務

工事概要説明

本プロジェクトは、岩手県大船渡市大船渡駅周辺地区における区画整理を行いながら宅地、道路、橋梁、JRの嵩上げも併せて行うものであり、駅周辺地区の復興という重要な役割も担っております。
工事に伴ってダンプによる土運搬が行われます。また、道路の嵩上げも行いますので、日常使用されている道路の迂回をお願いすることもございます。本ホームページでも道路状況についてはご案内いたしますので、何卒ご協力いただきますようお願い申し上げます。

CM(コンストラクションマネジメント)方式による設計・調査・測量・工事の一体発注方式を採用しており、一般的な工事請負事業に加え、プロジェクト全体のマネジメント業務も併せて行っていきます。全体の設計スペック等が未確定な状態でも、ファストトラック方式により、部分的に詳細設計を実施し、工事施工を進めていくため、プロジェクト全体工程の大幅な短縮が期待できます。

また、オープンブック方式を採用することによって、専門業者への発注、支払い等に透明性を確保していきます。地権者の皆様にとって一日でも早い移転先の整備をするのが、CMR(コンストラクションマネージャー)の使命です。復興実現に向けて所員一同、業務に邁進してまいります。

災害に強いまちづくりを目指しているトン。

CM(コンストラクション・マネジメント)方式とは

CM(コンストラクション・マネジメント)方式とは

CM方式とは「建設生産・管理システム」の一つであり、発注者の補助者・代行者であるCMR(コンストラクション・マネージャー)が、中立性を保ちつつ発注者の側に立って、設計の検討や工事発注方式の検討、工程管理、コスト管理などの各種マネジメント業務を行う方式です。

いろいろな工事が行われるため、多くの会社が力を合わせてがんばっているトン。CMはこれらの会社のお仕事の交通整理役をしているトン。

オープンブック方式とは

工事のお金を出しているのは国です。このお金は税金といって、みなさんから国が集めているお金です。 オープンブック会議で大船渡市の復興工事で無駄遣いしていないか、使われたお金を何に遣ったかを毎月きちんと説明することになっています。

オープンブック方式とは、工事費用を施工者等に支払う過程において、支払金額とその対価の公正さを明らかにするため、CMRが発注者にコストに関する情報等を開示し、第三者等が監査を行う方式です。

開示コスト 工事原価、調査・測量・設計原価
監査機関 内部監査 東急建設株式会社 東日本支店
外部監査 大久保公認会計士事務所